CASE

大手グローバル小売企業 様
BIツール導入事例

POS×CRM×地図連携によるマーケティング戦略基盤の構築

店舗売上の向上、顧客単価の向上、新規顧客の獲得を狙うに当たり、POS(店舗販売履歴)およびCRM(会員情報)のデータを地図上に可視化。併せて、売上時系列分析、ABC分析、併売製品分析、会員分析の各種分析レポートを実装し、かつ、分析レポートはマウスクリックによる動的な条件制御(時間軸、店舗セグメント、会員セグメント、製品セグメント)を実現。このシステムの構築によって、「いつ、どの店舗で、どのような人が、何を購入するのか」を迅速に判断することが可能となり、マーケティング戦略の基盤として活用している。

課題 1POSデータとCRMデータのマーケティング戦略活用

従来のレポートでは、POSデータとCRMデータの統合ができていなかったため、キャンペーンを実施するに当たって、購買者のイメージを把握することが困難であった。また、マーケティング戦略に活用できるレポートを作成するための時間を割くことも難しい状況であった。そのため、ソフトバンク・テクノロジーの提供するBIツール(QlikView)を導入し、POSデータとCRMデータの統合を実現した。また、マーケティング戦略に活用できるレポート作成についても、ソフトバンク・テクノロジーの技術者が支援し、地図連携を絡めたレポート表現の提案とともにレポート表現のブラッシュアップをお客様と一緒に行った。その結果、マーケティング担当者にとって戦略上有用な情報(「いつ、どの店舗で、どのような人が、何を購入するのか」)を一見できるレポートを実現するに至った。

地図連携
度重なるA/Bテストの末、最適なページ構成の形を確立した。
POINT
POSデータとCRMデータを連携させるだけではなく、地図連携を絡めたマーケティング戦略への活用ができるレポート表現をSBTにて提案し、お客様と一緒にブラッシュアップを実施

課題 2データ可視化・分析の高速化

従来のレポートは、月次単位で運用されていたため、迅速にキャンペーンの効果を確認して次の施策につなげるということが困難であり、機会損失の原因となっていた。また、マーケティング戦略に必要な情報をエクセルで集計するといった情報加工に多くの負荷がかかり、より付加価値の高い業務に時間を割く事ができなかった。そのため、ソフトバンク・テクノロジーの提供するBIツール(QlikView)でレポート作成を自動化し、更に、日次単位でデータ更新できるように実装を行った。その結果、マーケティング戦略に必要なデータを日次単位で確認できるようになり、機会損失の防止を実現するに至った。

レポート作成高速化
質の高いターゲティングを実施し、コンテンツの出し分けを行うことでCVRの改善を実現した。
POINT
これまで月次単位で作成されていたレポートを、日次単位で出力できるようにデータモデル設計を最適化

課題 3各種分析レポートの活用促進

各種分析レポート作成にあたっては、利用者が活用しやすいためのユーザビリティが必要となるため、ソフトバンク・テクノロジーの技術者がお客様の操作性を鑑みて画面設計を実施。また、レポートのブラッシュアップに併せて操作性の改修も行い、より利便性の高いレポート画面を作成。結果、利用者はマウスクリックや画面タッチのみでマーケティング戦略に必要となる情報を確認できるようになった。さらに、利用者向けの説明会を併せて実施することで、お客様のレポート活用を支援。

QlikView出力レポート
SBTのSIGNALコンサルティングサービスによりスキルの蓄積を行い、内製化を実現した。
POINT
ユーザビリティの高いレポート画面設計を行い、マウスクリックや画面タッチのみで柔軟な分析ができるレポートを実現。
また、レポート操作についての操作説明会を実施することで、お客様のレポート活用を支援