Digital Marketing Solution|CONSULTANT

高橋 威知郎 Ichiro Takahashi

高橋威知郎
シニアコンサルタント
技術統括
データソリューション本部
データサイエンス部
国家公務員を退官後ビジネスコンサルタントとして、主に大手消費財メーカー・小売りに対し、マーケティング戦略およびプロダクト戦略、マーケティングROI、ライフタイムバリューなどに関するコンサルティングを提供。 現在は、一歩進めたフィジタル(ネットとリアルの融合)マーケティングのコンサルティング業務に従事している。

守り勝つ!負けないビジネスにデータ分析が有効です

今まで、データ分析の仕事をしてきて分かったことがあります。画期的なことは生まれにくいということです。データは過去の記録にすぎません。画期的なアイデアは、3B(寝室、浴室、通勤中のバス)で生まれると言います。ボーっと何も考えているときです。では、データ分析の役目はなんだろう?と考えた時、「過去の失敗を確実にしないため」ということに行き着きました。ホームランは少ないアベレージヒッターのイメージです。データ分析で大きな失敗を避け、虎視眈々とホームランを狙っていくのが、データ分析を活用したマーケティングの形の1つです。

高橋威知郎

私のミッション:ネットとリアルの融合

私は今まで、ネットではなくリアルの世界のマーケティングに関わってきました。購買履歴やGRP、GISデータ、消費者アンケート、財務系のデータなどです。SBTはインターネット領域で活躍している企業です。その中でデータサイエンス部はネットの世界のデータ分析で実績を積んできています。私は今までにないフィジタル(ネットとリアルの融合)マーケティングの提供を目指しています。

これまでの実績:データ分析をコアにしたコンサルティング

内閣府(旧総理府)およびコンサルティングファームなどを経て現職。官公庁時代から一貫してデータ分析業務に携わってきました。
国家公務員時代は、データ分析の部署にて数理モデルの開発や行政管理解析などを実施してきました。退官後は官公庁時代に身に着けたデータ分析スキルをもとに、主に大手消費財メーカー・小売りに対し、プロダクト戦略、マーケティングROI、ライフタイムバリューなどに関するコンサルティングを提供。現在は、一歩進めたフィジタル(ネットとリアルの融合)マーケティングの体系化、およびそのコンサルティング業務に従事しています。

その他経歴など:

著書

「14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書」(かんき出版/2014年9月発売)
「トップデータサイエンティストが教えるデータ活用実践教室」(日経BP社/2015年3月発売)

著書